援交をする時の感覚について

人気№1
LOVE
>>LOVEの詳細はこちら
人気№2
FirstMail
>>FirstMailの詳細はこちら
人気№3
愛カツ
>>愛カツの詳細はこちら
少女が援助交際をなぜするのか?と言えばお金が欲しいからするのです。

お金が欲しいのなら地道にアルバイトで稼げばいいのに・・・・と普通の人はこう考えますが、お金を稼ぐ手段として

援助交際はとてもてっとり早いという点が特徴です。例えば援助交際で一回のセックスで3万円稼ぐとします。

一回のセックスにかかった時間が2時間だとしたら、時給に換算すると1.5万円ですよね。

これが高校生のアルバイトになると時給800円前後ですから、20倍ぐらい稼げる金額に差があるのです。

遊ぶお金が欲しくてアルバイトしていても、アルバイトに時間をとられて遊ぶ時間がないのなら意味がないと考えるのでしょう。

それにブランドモノなんてすごく高いので普通のアルバイトではとうてい手が出る金額ではありません。

本来なら高校生でブランドなんて早すぎる、社会人になってお金を稼げるようになってから買えばいいと思うのですが、女子高生にとって今がよければそれでいいという感覚なのでしょう。

確かに自分の身体を使ってお金を稼ぐ事に自分が納得していれば他人がとやかくいう問題ではないのかもしれません。

ただし、大人になって若い頃援助交際をしていた過去に後悔する女性も多いといいますから、やはりもっと考えてからするべきなのでしょう。

援助交際の始まりは?

いつの間にか援助交際という言葉が当たり前になってきましたが、この行為そのものは売春です。

売春というと元をたどれば赤線、もっというと娼婦というように、男性が女性をお金で自由にできるという観点から発展してきたものです。売春や赤線に関しては、完全に法律で禁止されてきたものですが、今は援助交際と言って堂々と売春行為を行っているということになります。

女性は体を提供し、男性はそれをお金が買うことで、事が成立するということです。

援助交際という言葉を使うだけで、そんなにいやらしいこと、卑劣ではないことをやっているようですが、そんなことはない、きちんといやらしい行為をやっているということになります。

赤線までの時代ですと、その行為そのものが生活を祖支える“職業”として成り立っていました。お小遣いを欲しいからではなく、今晩食べる米代を稼ぐ一家の大黒柱のような暗い歴史を感じさせるものでもあります。

しかし今援助交際をしている人たちは、日銭を稼ぐというよりは、ほしいものがあるから、ちょっと稼ぐというように、遊び感覚で行っている人たちが多く、皆あっけらかんとして援助交際、エンコーを行っています。

男たちはそんな明るい女性たちとの時間を楽しみ、女としては悪いことはやっていない、私の体なんだからいいじゃないという開き直りの態度で、見知らぬ男性に身をゆだね、金品の提供を受けています。

今の法律では決して合法ではない援助交際なのですが、彼女たちの意識が変わらない限り援助交際は果てしなく続けられることでしょう。

サブコンテンツ

アーカイブ

このページの先頭へ